【本当にヤバい】沖縄県の心霊スポットを霊視してみた

SSS

(写真出典:http://ghostmap.net/img/spot/201405061127512.jpg)

今回は、沖縄県の心霊スポットを特集します。

霊能者が沖縄県内にある有名な心霊スポットを霊視し、本当に有名な心霊スポットに悪霊などがいるのかをチェックしてみました。

なお、本当に強力な悪霊がいる場合もありますので、現地に行くかどうかは自己責任でお願いします。

もし、「あれ?なんか調子が悪いな」とか「不幸続きになった」などの症状があれば、当サイトでお祓いも受け付けていますのでご相談ください。

自分で出来る霊障チェック項目の一覧表
霊能者によるお祓い・除霊サービス

SSS

SSS
(写真出典:http://ghostmap.net/img/spot/201405061127512.jpg)
沖縄県国頭郡恩納村冨着595-3

SSSは、沖縄でも屈指の危険な心霊スポットです。ユタの修行場でもあり、修行中に命を落とした者がいたそうで、肝試しにきた者は幻覚や精神異常を起こし入院したり、耳鳴りや激しい嘔吐感に襲われるそうです。
確かに色々な危険な霊体や怪物悪魔系のものなど様々なものが集まってきている場所ですね。共存していると言うよりは、そっちの世界で色々なものが、縄張り争いをしている感じでしょうか…。当たり前ですが、近づかない方が身の為ですし、肝試しに使うような場所ではありません。安易に立ち寄らない方が身の為です。

チビチリガマ/シムクガマ

チビチリガマ/シムクガマ
(写真出典:http://www.yomitan-kankou.jp/UserFiles/Image/IMG_3181.JPG)
沖縄県中頭郡読谷村波平1120-4

チビチリガマは、戦時中に子供が集団自決したガマ(沖縄の言葉で洞窟)で有名です。シムクガマの方は、英語が話せる人がいたため、米軍の話を聞き住民を誘導できた為、自決する事はなかったそうです。
この場所は相当な強い念が立ちこめられている場所でしょう。この場所で亡くなった人達がまだたくさん浮遊しているという感じです。苦しい、痛い、助けて欲しいという痛々しい念がたくさんの数うごめいている状況です。この一体の空気は重く痛々しい雰囲気でしょう。言うまでもなく、近づかない方が良い場所です。頭痛や吐き気、目のかすみなどが感じられるかもしれません。

ひめゆりの塔

ひめゆりの塔
(写真出典:http://ghostmap.net/img/spot/20170129091050299.jpg)
沖縄県糸満市伊原671

ひめゆりの塔は、戦争で亡くなった人の魂を供養するために建てられた塔です。死から逃げられないと分かった住民は断崖絶壁に自ら身投げをした人も多かったそうです。
たくさんの人々の念が込められている塔と言うわけではありません。こちらはあくまで、残された者たちが、供養の思いを形に残したいという思いから生まれたものであるからでしょう。こういった思いが伝わり、安らかに眠る事ができた霊たちも数多く居るようです。近づいて悪い場所ではありません。供養する思いで手を合わせることは大切かも知れませんね。

七福神の家

七福神の家
(写真出典:http://ghostmap.net/img/spot/201512271027160.jpg)
沖縄県南城市知念山里 県道86号線

七福神の家は、一家心中があり、霊能者が霊を鎮めるために七福神の置物を置いていったのが名前の由来らしいです。七福神が勝手に移動したり、2階から女性の霊が見ているといった噂があります。
この土地一帯は、非常に澄んだエネルギーを感じます。天と地のメリハリのあるエネルギーを感じるからです。この場所でなくなった方はいるようですが、もう成仏されているようです。周りから寄ってくる浮遊霊などは居ますが、そこまで悪い場所ではありません。むしろ、成仏できるほど清らかな場所であると言って良いかもしれません。

前田トンネル

前田トンネル
(写真出典:http://ghostmap.net/img/spot/201401262309010.jpg)
沖縄県浦添市前田(字)997

前田トンネルは、幽霊の出るトンネルとして有名な、霊の目撃情報が多い場所です。このトンネルは穴が二つ並んでいる珍しい形をしていますが、片側は建設時からいまだに工事が終わらず通行止めになっています。
この場所は、大昔たくさんの亡くなった人を埋めた墓だったようです。もともとお墓だった場所ではなく、村人が突然の感染症か何かで次々と亡くなり急遽、巨大なお墓にしたような流れがあります。たくさんの人が埋められた場所ですが、亡くなった人の中には自分が死んでいることに気付かない人達ばかりだったようですね。その人たちの念が、現代の浮遊霊を呼び寄せているという流れです。まさに、霊が霊を呼ぶ場所という事です。

大山貝塚

大山貝塚
(写真出典:http://ghostmap.net/img/spot/20130427222702.jpg)
沖縄県宜野湾市大山2丁目12-1

大山貝塚は、ユタ(沖縄の霊媒師)の修行場だった場所です。「ここから先は霊域なので遊ばないように」と書かれた看板もありました。耳鳴りがしたり、訪れたその日の夜に金縛りにあうなどの噂があります。
見るからに怪しい雰囲気を漂わせている場所ですね。こちら、良くも悪くもたくさんの霊がさまよっています。そして、実際にこの場所で霊を呼んだり降ろしたりしていたと思われます。しかし、中途半端に仕事をして戻しきれない霊や帰しきれなかった霊なども居たようですね。そんなずさんだった行為が見られます。だいぶ、落ち着いていますが、今もまだ、そんな霊がさまよっていたり地縛霊などの霊たちが集まってきているようです。もちろん、近づかない事に超したことはありませんね。

大神島

大神島
(写真出典:https://i.ytimg.com/vi/Ob79oX8vRg8/maxresdefault.jpg)
沖縄県宮古島市平良大神178

大神島は、海賊キッドの財宝が眠っているという噂のある場所です。海賊キッドの宝探しで50人程が強行探索をしましたが見つかったのは落ちている人の骸ばかりで、探索をした50名は1年後みな亡くなったそうです。
この場所一帯は、非常に鋭い空気感が漂っています。緊張感がある場所ですね。人の貪欲な念や、他人を蹴落として上がりたいという念などの邪念が固まり浮遊霊も漂っている場所です。人によっては、この緊張感が漂うような空気感が居心地良く感じる人もいるかと思います。精神的に強い人、野心のある人には心地よい場所かも知れません。普通の人間の感覚の人は圧迫感や苦しさを感じる場所ですので近づかない事をお勧めします。

関連記事

「スピまぐ」スタート!

spimag
スピたまの公式メールマガジン「スピまぐ」では、あなたの運勢や、セルフ除霊、幽体離脱の方法、守護霊や過去世の霊的世界の仕組みなど、スピたま以上に濃密な情報をお送りします。メルマガでしか手に入らない情報が気になる方は是非ご登録を!

登録はこちら

「スピたま」の運営者

蒼色庭園の内観

「スピたま」は、スピリチュアルサロン「蒼色庭園(あおいろていえん)」が運営しています。

蒼色庭園のサービスメニューです↓

霊視タロット占い

守護霊との対話

お祓い・除霊

蒼色庭園の詳細とお問い合わせは↓

お問い合わせはこちら

facebook

ページ上部へ戻る